ビッグデータの金融活用

ビッグデータとはその名の通りとてつもなく大きなデータのことです。
世の中のあらゆる事象をデータとして取得できる現在、これまで成し得なかったビジネスの進化のために必要不可欠なものとなっています。
つまり、事業に役立つ知見を導出するためのデータです。
オンラインショッピングやSNS、位置履歴や温度なのどセンサーデータなどどの程度のデータ規模なのか、どのようなデータから構成されるか、またそのデータがどのようにして使われているか個々のデータだけではなく、各データを連携させることによって更なる付加価値の創出も期待されているところです。
今までは取引できなかった新しい金融商品も市場リスク、信用リスク共に管理することができるようになったのもこのビッグデータの恩恵といえるでしょう。