金融に関するビッグデータの利用

金融に関する様々な情報から有用となるような指向性の情報や、予言めいた説の抽出を目的とした、金融データマイングという分野があります。
世界規模で展開される金融情勢は、ミクロ経済の動向による影響は少なからずあるのでしょうけれど、数十億人という人間社会において、これまでは各々の経済活動などをトレースするような大規模なデータマイング手法というのは、設備費用及び集計の手間から非常に困難という経緯があります。
昨今、コンピューティング技術の向上や、ビット単価の低下に伴いこれら大規模なデータを扱うビッグデータというものは、もはや個人レベルでも可能な容量といえます。
しかしながら、大きなデータは扱えるようになったとしても、データマイニングにおけるデータの収集及び解析ロジックについては、誰しもが行えるものではないため、専門性の高い領域と言えます。